【プロバイダ 評判 キャンペーン】

ラララと鼻歌で笑い飛ばす
TOP PAGE >

Broad WiMAXは株式会社リン

Broad WiMAXは株式会社リンクライフが運営するWiMAXサービスで、特に月額最安プランと言う料金プランが特徴的です。月額最安プランと言う料金プランの特徴としては、月額料金が安い代わりに初期費用が必要になる点にあります。
だけど、一定条件を満たす事で初期費用が無料になるWeb割と言うキャンペーンが実施されていますので、結局は初期費用を支払う必要がありません。
しかも、好きな時に他のインターネットサービスへ乗り換える事が出来るご満足保証と言う制度があったり、WiMAX端末が最短で即日発送されると言う点もBroad WiMAXの特性になっています。モバイルタイプのインターネットサービスは、WiMAXのようなサービスが色々存在します。例えばですけど、速度制限を気にせず利用する事が出来るぷららモバイルLTEがあります。

このサービスに速度制限が無いと言うのは間違いありませんが、下りの最大通信速度はたった3Mbpsしか出ません。


この通信速度ですが、速度制限の際のWiMAXよりも遅いです。
だから、速度制限が無いものの、WiMAXを例に出すとすれば、速度制限状態が常に継続するようなものでしょう。



月額料金の安価なWiMAXのプロバイダとして、Racoupon WiMAXと言ったプロバイダがございます。
驚くほど月額料金が安いプロバイダですから、あれこれ条件を付けないのであれば、業界最安値のWiMAXのプロバイダだと言えます。
ですけれども、auスマートバリューmineには非対応ですので、auのスマートフォンやケータイを契約しているユーザーにしてみれば、ほとんどうまみのないWiMAXのプロバイダと言っても良いでしょう。


加えて、電話でのユーザーサポートが平日の10時から18時までのみ対応しているので、そう言う点でも注意が必要なWiMAXのプロバイダと言えます。各WiMAX端末にはクレードルと言う充電用台座が別売りで売られていて、値段としてはおよそ3000円ほどします。このクレードルの必要性が気になる方もいるかと思われますが、基本的にはクレードルはなくてもWiMAXを利用する事が出来ます。ですけど、クレードルがある事でイーサーネットポートを利用する事が出来ますから、LANケーブルを使用したAPモードやルータモードを使用する事が出来るようになります。
更には、いつもWiMAX端末をフル充電の状態で維持する事が出来ますので、いつでも外に持ち運ぶ事が可能となります。

WiMAXと契約を行う時、様々なキャンペーンサービスが付いて来ます。中でも便利なのは、公衆無線LANを使用出来るようになるサービスです。


UQ WiMAXならUQ Wi-Fiプレミアム、あるいは、@nifty WiMAXなら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言った感じのものです。
どんなプロバイダと契約を行っても付いて来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスよりも、多くのWi-Fiスポットと提携しているサービスです。WiMAXを使っていて思うメリットは、幾つか思い浮かびます。
まず思い浮かぶのが、モバイルの通信規格と言う点で、任意の場所からインターネットアクセスが可能な点が挙げられます。

続いて思い付くのが、モバイルの通信規格と言う点で、ネット開通に伴う工事は不要です。その他にも、ネット回線工事が必要ありませんから、低負担のインターネットサービスと言えます。加えて、通信規制が厳しくないと言う点も、WiMAXの人気の秘密と言えます。WiMAXサービスは無線を使ったインターネットサービスとなっていますので、人により人体に対する悪影響を気にする方もいるでしょう。具体的には、各電子機器の発する電波が身体の細胞に傷を付けて発がん性を高めるのではないのかとか、精子の質を悪くするのではないかと言った噂も広がりました。とは言え、WiMAXサービスの使用する2.5GHzの帯域の電波に対しては、人体へ及ぼす影響の医学的な根拠が示されていません。更に、ペースメーカーに及ぼす影響に対しても気になるところではありますが、総務省の研究により影響のない事が確認されていますから、WiMAXサービスは安心して利用する事が可能です。



WiMAXサービスの申し込みを検討する際は、ちょっとでもサービス内容に疑問がある事で前に進めなくなる場合があります。ご質問先の電話番号が掲載されていても、押し売りされるのではと不安になります。


そんな不安に対して配慮して作られているのが、nifty WiMAXのキャンペーンサイトに設置されているチャットスペースです。質問が出て来た場面で入力して送信出来、即座に専門のスタッフから回答を得る事が出来ます。WiMAX通信に対応した通信機器は、次々と新しいものが発売されます。



それぞれにより性能が違い、出来る事も違います。そんな中でも衝撃的だったのが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の発売です。このWiMAX端末はau 4G LTE回線に対応し、当時はまだ不足していたWiMAXの通信可能範囲をカバーする事が出来ました。nifty WiMAXでWiMAXの申し込みを行なうと、Wi-Fiサービスを無料で使用する事が可能となるキャンペーン特典が付いて来ます。キャンペーン対象となるWi-Fiサービスなのですが、具体的には@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類となります。

その中の@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスですが、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの双方を使用する事が可能となります。

WiMAX端末が手元になくても利用する事が出来ますし、速度制限も気にしなくて良いので、凄く人気の良いサービスになってます。

WiMAXと言うモバイルサービス

WiMAXと言うモバイルサービスの提供元となるのは、auの子会社となるUQコミュニケーションズなのです。
そんな理由から、auに連携したサービスが複数存在します。
そんなの中でも代表的なのが、auスマートバリューmineなんです。
WiMAXサービスの契約を行った後にauで手続きを行なえば、auの月額料金が安くなるサービスとなります。
モバイルインターネットサービスは、WiMAX以外にも様々なサービスが存在します。

一つの例として、速度制限無しを掲げるぷららモバイルLTEが存在します。


確かに、ぷららモバイルLTEには速度制限がありませんが、通信速度が3Mbpsしか出ないと言うのはデメリットとも言えます。
ぷららモバイルLTEの通信速度、速度制限時のWiMAXよりも低速になります。そう言う理由で、速度制限が無いと言うウリ文句ではありますが、WiMAXで言うと、速度制限状態が常に継続するようなものでしょう。WiMAXサービスは無線を利用するインターネットサービスですので、実際に使用してみないと分からない部分はあります。

そう言う方にお勧めなサービスが、Try WiMAXと言う15日間利用出来るWiMAXのお試しサービスです。
クレジットカードの番号の登録とアンケートに答える事が利用条件とはなりますが、契約前にWiMAXサービスを使う事の出来る嬉しい制度です。



サービスの利用中にUQ WiMAXからセールスの電話がありますから、流れのまま申込みまで済ませる事も出来ます。

WiMAX通信を行なう事の出来る専用の端末は、いくつか種類があります。

次々と新しい端末が発売され、これまでに無い機能を持ったものもあります。

例を挙げると、WiMAX端末はWiMAX回線しか使えませんでしたが、WiMAX 2+回線やau 4G LTE回線を選びながら使用可能です。その上、通信速度が毎年速くなっています。キャリアアグリゲーションや4×4MIMOと言う技術が採用された際も、通信速度が倍に速くなりました。WiMAXサービスを運営しているプロバイダの中でも、ちょっと変わっているのが3WiMAXと言うプロバイダです。


WiMAXサービスのプロバイダと言うとUQ WiMAX系統のものが殆どなのですが、3WiMAXはKDDIのWiMAXサービスを取り扱っています。


ですので、3WiMAXでラインナップされているWiMAX端末の種類が、他のプロバイダとは全然違います。



具体例としては、3波のキャリアアグリゲーションにより下り最大通信速度が370Mbps出る点が特徴のSpeed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W03や、下り最大通信速度が220Mbps出せるUSBサイズのWiMAX端末であるSpeed USB STICK U01は、UQ WiMAX系列のプロバイダではランナップされていません。

WiMAXを提供するプロバイダの一つに、Broad WiMAXってプロバイダがあります。

Broad WiMAXの特長としては、月額料金が安い部分が挙げられます。それだけ初期費用が高いのですが、クレジットカード払いの人は初期費用が0円になるキャンペーンが行われています。
契約25ヵ月目以降は業界で一番安いプロバイダですから、長く契約を継続する方にはお勧めのプロバイダです。
WiMAX端末の機種においては、au 4G LTEと言ったauの提供する通信回線を扱えるものもあります。



au 4G LTEは人口カバー率99%の通信回線で、広いエリアで利用出来ます。また、800MHzのプラチナバンドを使用していますから、奥まった部分まで電波が届きます。弱点としては、一度でも使うと月額1005円の回線使用料が請求されますし、速度制限が掛けられます。

固定回線の人気は依然として健在ではありますが、モバイル業界への人気の高まりを感じるようになりました。



契約した住所でしか使う事が不可能な固定回線とは違い、結構使い勝手が良いなと言う感覚を持っています。



ただ、モバイルですから、安定性に不安が残る方もいるでしょう。しかしながら、モバイルのインフラは急ピッチで進んでいますから、通信を安定した状態で楽しむ事が出来るようになりました。
そう言う事から、モバイルって事ではありますが、不安定ではありません。WiMAXと言うインターネットサービスの特長としては、無線を介したインターネット通信を行なう事が出来ると言う点にあります。
無線を使う形なので、固定回線のように契約くした住所に縛られる事がありません。


それに合わせて、WiMAX機器はポケットサイズですし、持ち運び性が長けています。

そんな部分を考慮すると、タブレットとの組み合わせが最高です。ですので、WiMAXの契約の際にタブレットとのセットを購入するのも良いでしょう。近頃、WiMAXのプロバイダの中には、オリジナルの保証制度を設けるプロバイダが登場しています。

例として出せば、Broad WiMAXはご満足保証と言う保証制度を導入しています。他には、GMOとくとくBB WiMAX 2+では20日の保証制度を導入しています。
どっちの保証制度にしろ、契約解除料を支払わずWiMAXの解約を行なう事が出来ると言う制度となります。

WiMAXサービスは25ヵ月間の契約が基本に

WiMAXサービスは25ヵ月間の契約が基本になってて、途中で解約をしてしまうと契約解除料を請求されてしまいます。
そんな長期契約期間になっていますので、しっかりとしたところと契約を行いたい所です。結構見落とされがちな部分が、それぞれの契約先のカスタマーサービスの応対です。コールセンターの営業日が平日のみだったり、フリーダイヤルでは無いプロバイダもありますから、きちんと考慮してから契約を行いたいものです。


WiMAXの特長としては、インターネットへのアクセスを無線で行なう事が出来ると言う点にあります。無線を使うと言う事で、どこからでもインターネットアクセスが可能となります。


それに加え、WiMAX端末はポケットサイズですから、持ち運び性が高いです。

諸々の点を考慮すると、タブレットと一緒に持ち運んで、好きな場所から使用するのも良いです。なので、WiMAXとタブレットとのセット売りを行っているプロバイダもあります。



WiMAXを運用しているプロバイダですが、いくつかあります。各プロバイダで契約内容に違いが出て来ますので、そのあたり、気を付ける必要があります。例えば、セキュリティーサービスの付いたWiMAXサービスを利用したいのであれば、So-netモバイル WiMAX 2+がマッチしたプロバイダと言う事になります。



このように、契約したプロバイダで契約内容が異なるので、少しでもお得なプロバイダと契約を行うのが望ましいでしょう。

WiMAXのサービスの中でも業界一の安さで評判なのが、楽天の運営しているRacoupon WiMAX 2+と言うプロバイダです。



Racoupon WiMAX 2+の強みは月額利用料金の安さだけではなくて、楽天クーポンの割引チケットが1000円分貰えると言う点も挙げられます。加えて、月額利用料金の中には安心サポート代が入ってますから、もしWiMAX端末が壊れた場合にも安心出来ます。


更に、普通は20000円もするWiMAX端末代が、Racoupon WiMAX 2+ならば無料になる特典も付いて来ます。
Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD31)は4×4MIMOと言う機能を搭載し、下り最大通信速度が以前の倍になる220Mbps出る点が特徴のWiMAX端末です。4×4MIMOと言う機能はWiMAX端末内に装備されている4本のアンテナと、WiMAX基地局に設置された4本のアンテナで4回線の同時通信を行なうテクノロジーの事です。この結果、下り最大通信速度が従来の110Mbpsと言った速度から、倍の220Mbpsとなる訳です。

また、Bluetoothに対応してますので、Wi-Fiよりも少ない電力でテザリングを行なう事が出来ます。某電機屋さんで、光回線の利用を始めないかと店員に声掛けをされました。
WiMAXで満足している私ですし、言うまでもなく、光回線は不要です。店員に対してそう言う回答をすると、呆れるような返事が返って来ました。
WiMAXって、天気が悪い日には使えなくなるでしょう?しかし、毎日愛用しているWiMAXではありますけれど、WiMAXが天候に左右されると言う経験は一度もありません。


台風直撃の最中であっても、WiMAXへの何かしらの影響はありませんでした。So-net モバイル WiMAX 2+にてWiMAXサービスの申し込みを行なうメリットですが、セキュリティサービスが1年間無料になると言う点が利点の一つとして挙げられます。その訳としては、So-netが提供するインターネットサービスはWiMAXに限らず、セキュリティサービスが付いて来ると言うところが人気なのです。
申し込み後に付いて来るセキュリティサービスと言うのはカスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティの事で、WindowsとMacとAndroidの三種類のOSに対応してて、最大で5台の機器までセットアップする事が出来ます。


カスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティを機器内にセットアップする事によって、ウイルスやハッキングやフィッシング詐欺などの多様なリスクに対処する事が出来る点が、とても嬉しいキャンペーン特典と言えるでしょう。URoad-StickはUSBサイズの軽くコンパクトなWiMAX端末で、持ち歩きが楽で便利です。


URoad-StickをUSBポートに挿し込むことによって、そこから給電しながら使用する事が可能です。

ややこしいセットアップも不要で使用出来ますから、そんな手軽さが評判のWiMAX端末となっています。

使用可能な通信回線はWiMAXやWiMAX 2+で、下り最大通信速度としては110Mbps出力する事が出来ます。インターネットサービスの契約をしようと今の業界を調べてみましたが、モバイルインターネットサービスのラインナップがどんどん増えています。



契約した建物内でしか使用する事が出来ない従来の固定回線とは異なり、結構使い勝手が良いなと言う感覚を持っています。

モバイルのサービスと言うと、どうしても安定性に不安が残る方もいるでしょう。ただ、モバイルのインフラは進んでいますので、安定したインターネット環境を手にする事が出来ます。
なので、モバイルの安定性は、決してバカには出来ないです。


周知のようにWiMAXには帯域制限がありますが、さほど厳しいものではありません。


ギガ放題プランで契約すれば、ハイスピードモードの時の月間データ量による速度制限がないです。また、混雑回避の為の速度制限の時も、他のモバイルインターネットサービスの3倍の通信量を利用する事が出来ます。
速度制限の時であっても、動画の視聴が出来る通信速度は維持されます。

ただいまの時刻








プロバイダが行っている評判のキャンペーンには秘密があります。その部分をフォーカスしてご紹介します。

Copyright (C) 2014 ラララと鼻歌で笑い飛ばす All Rights Reserved.

ページの先頭へ